年越しに向けて

昨日は今年最初で最後の忘年会でした。
思えばこの師走は最後まで対局があり、他に仕事もいろいろとあったので、結果はともかくとして比較的忙しく、充実していた気がします。
良い結果が出なかった分は実力不足と割り切って、また来年前向きに頑張っていきたいと思います。
昨日のブログには何人かの方からコメントをいただき、どうもありがとうございました。
応援していただけるのは本当にうれしいことです。

昨日・今日は年賀状書き。
なんとか今夜のうちには投函できる見込みです。
掃除はある程度(奥さんが)こまめにやっていてこないだの連休もすこし手伝ったので、あとは明日ちょっとやったら終了、の予定。
そんなこんなで、今年も無事、年を越せそうです。

最近のニュース。
注目された肩書は羽生「九段」になった(した)とのこと。
大方の予想通りでしょうか。
個人的には「前〇〇」の肩書は義務にするか、そうでなければ今後は使わないほうが自然な気がしますが、どうなんでしょう。
永世七冠、でももちろん良いとは思うのですけどね。

竹俣紅さんのブログに「女流王将戦、勝ち上がっても4月以降は指せない」と書いてあってちょっとびっくり。
アマチュア参加とかもある棋戦なんですけど、主催者間の協議でそう決まったのですかね。
まあそもそも、退会もびっくりなら、発表直後に予選を抜けたというのもびっくりですが。
最後の機会、と思うとひときわ手が伸びるのでしょうか。

将棋世界はおそらく2月号が今日、発売のはずです。
藤井君が表紙です。
今回は付録が「プロ棋士の詰将棋」で全40問なのですがその中に、自分も加えていただいています。
段位順に並んだらたまたま宮田君と藤井君の間になったみたいです。
2人合わせて解答選手権何回優勝してるんでしたか。光栄の至りで、役得としか言いようがないですね(?)。
もちろん彼らとは全然レベルが違いますが、良かったらご覧ください。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です