良いお年を

風邪は一日でずいぶん良くなりました。
穏やかな気持ちで、年を越せそうです。

さて、簡単に2018年の振り返りを。

対局の成績を(年度ではなく)年で見ると、今年は未放映の銀河戦(1月末頃に放映予定)を除いて18-16(千日手1)で、これは昨年とまったく同じでした。
自分では上向いているつもりだったので意外でしたが、最後の連敗が痛かったみたいです。
逆に昨年は苦しい星取りが続く中で、最後の連勝で貯金を作ってのフィニッシュでした。

将棋の内容に関しては、昨年よりは向上していると自分では感じています。
ただしここ数年はずっと先後の勝率差が大きく、来年も後手番の戦い方が特に重要な課題になりそうです。
棋王戦に星が集まってベスト8まで行けたのは、先手番を引き続けたのが大きかったと思います。
逆に苦手の早指し棋戦では後手番を引き続けて、内容的にも良いところのない1回戦負けが続いてしまいました。

また七段昇段という大きな出来事もありました。
これは10年近くかかっての積み重ねなので、特に今年頑張ったというわけでないのですが、節目に到達できたことを嬉しく思っています。
その際に目標にした年度内の通算300勝はちょっと厳しくなってきましたが、最後まであきらめずに年明けからの対局も頑張っていきたいと思います。

対局以外の仕事も、昨年はさっぱりでしたが今年はいろいろといただいて、1年前と比べると棋士らしい生活になってきました。
東北を中心に、各地を訪れる機会もあり、出会いに感謝しています。
あと本の執筆にも区切りがついて、来年2月頃に出る予定なので楽しみにしているところです。

また今年は災害の多い年で、他にもきっかけがあり個人的には寄付をすることの多い一年になりました。
地震で大阪遠征の対局が延期になるという出来事もありました。
来年はチャリティーイベントのない年になればと願います。
それとは関係なく、自分自身も体調を崩すことが何度かあり、そのせいで波に乗り切れなかった気がするので来年はもっと健康に気をつけて過ごしたいと思っています。

ともあれこうしてゆっくりと行く年を振り返り、来る年に思いを馳せることができるのは何より幸せなことですね。
穏やかな日常に感謝しつつ、残りわずかとなった2018年を静かに過ごしたいと思います。

皆さまもどうぞ良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です