竜王戦

昨日は竜王戦の2局が、いずれも終盤が面白い大熱戦でした。
竜王戦はランキング戦の1回戦がかなり大きな勝負で、中でもやはりトップ棋士がたくさん登場する1・2組は、大熱戦が多い印象です。
やはり最高棋戦の開幕には、棋士も特に気合が入ります。

羽生ー阿部戦は、作戦家の阿部七段が有利に進めていたように見えたのですが、
感想戦のコメントを見た感じだと、もともとが難しかったのかもしれません。 最後は右玉の勝ちづらさが出てしまった感じで、大技連発の終盤はさすが羽生九段でした。
▲5八桂、△4四桂と見たこともないような場所に桂を打ち合う中盤の攻防も面白かったです。

羽生九段は復位まであと10勝、という報道もありました。
そういうカウントダウンもあるんですね、なるほど。

斎藤ー橋本戦は長く秒読みが続き、おそらく二転三転の終盤戦。
たぶん悪手もあった中で、対抗形らしい好手も随所に出てきて、並べて勉強したくなるような内容でした。
勝ち負けもさることながら、こういうハラハラするような将棋を指したいものです。
たくさんあった盤面左側の駒がほとんどさばけたのには感動しました。

一昨日の佐藤対決も面白い内容でした。
この将棋は序盤、和俊さんがだいぶ優位に進めていたと思うのですが、天彦名人の粘り強い指し回しで逆転。
少しずつ差が詰まって、いつの間にか押し返されていた感じで、こういうのは強い人の将棋という感じがします。

この日は広瀬新竜王の就位式もありました。
自分もまた、あの場に立ちたいと思っています。
まずは明日の1回戦を頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です