負け

昨日の対局は、先手番で久々に三間飛車を採用。
最近流行の急戦形で、ある程度は予想していた形になったものの、その後の指し方が難しく、中盤でミスが出てしまいました。
時間配分なども含めて、指し方が難しい将棋だったので仕方ないかなと思います。

王将戦は「大阪王将杯」になり、年末と先週と二度行って準備も万全だったのですが、実らず残念です。
来週からも対局が続くので、気持ちを切らさずにまた次頑張ります。

高見叡王への挑戦権を争う叡王戦準決勝はどちらも年下の棋士が勝ち、挑決は永瀬ー菅井戦になったのですね。
今年度のタイトル戦では菅井ー豊島戦(王位戦)や中村ー斎藤戦(王座戦)などの若いカードがありましたが、挑決も含めてこの世代同士になるのは初めてのことだったと思います。
ただでさえ大きな勝負ですが同世代として、特に負けたくない感の出た戦いになりそうで、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です