棋王戦開幕

昨日の棋王戦は、後手番の渡辺棋王が完勝で、かなりの好スタートという印象の一局でした。
序盤は一歩損で面白くないワカレに見えたのですが、そうでもなかったようで、こういうところはいかにも現代の相掛かりという感じですね。

この「一歩損作戦」は間もなく発売の「平成新手白書」でも取り上げています。
ただ、それは7四で歩を取らせる形で、本局のように6四で取らせる形は執筆中には注目していませんでした。

本局とだいぶ形は違いますが、先月の遠山ー畠山鎮戦(竜王戦・モバイル中継あり)で指されたばかりでまだ類型はほとんどなく、平成31年に入ってからの新型と言えそうです。
今後増えていく可能性も高そうで、早くも続編候補が登場しました(?)

棋王戦といえばとちぎ将棋まつりですが、今年も第4局と同日程で開催されます。
とちぎ将棋まつりHP

僕自身は今年は出演予定はありませんが、棋王戦の観戦には行こうと思っています。
前夜祭等ありますので、ぜひお申込みはお早めに。

ちなみに第2局は今年は富山ですね。
次局以降も熱戦に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です