負け

昨日の対局は、先手番で四間飛車に。
今年度は中飛車を中心に指していたので、振り分けてみました。

中盤で大技が決まって、正直なところ、勝ったと思いました。
高橋先生も、感想戦でうっかりしたと言っておられました。

ところが肝心の形勢は意外にも難しく、気持ちを立て直すことができないままにズルズルとミスを重ねてしまいました。
序盤から変わった展開になり、面白い将棋が指せていたのに終盤で人間の甘さがモロに出て、反省の一局でした。

こういう負け方は日々の生活に問題があるような気がするので、次の対局までに見直して、なんとか態勢を立て直したいと思います。
順位戦も最終戦は良い将棋を指して、指し分けでは終えたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です