銀河戦 八代六段戦

先月末に放映された一局を簡単に振り返っておきます。

戦型は先手番で早石田。
かつては初手▲7六歩に△3四歩なら▲7五歩で石田流、△8四歩なら▲5六歩で中飛車という振り飛車党が多かったですが、最近は2手目△8四歩の割合が多くなったため石田流を見る機会はすこし減りました。
以下はあまり前例のない乱戦になり、観ている方にとっては面白い内容になったのではないかと思います。

図の局面が勝負所でした。

しばらく前から考えていた局面で、ここで▲4六歩と桂取りに突くつもりが、△5五角と打つ手があって利かないのが誤算でした。
ここで考慮時間を投入したのですが、良い手が指せず。おそらく▲4八金と辛抱する手が一番良かったような気がします。
ただ、桂を取りに行けないようでは勝ちにくい展開になっていて、そうであればこの局面にしてはいけませんでした。

実戦は▲6四角とひねった場所に打ったのですがこれは悪手で、△6六歩▲同歩△6五歩▲8二角成△6六歩、と鋭く攻め込まれて敗勢になりました。
早指しの中で八代六段の指し手や時間の使い方には安定感があり、自分のほうもそこそこ力は出せたものの完敗の一局でした。

本局は結果は残念でしたが、また良い将棋を観ていただけるよう頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です