発売

本日、いよいよ「平成新手白書」発売日です。
よろしくお願いします。
お世話になっている知人から久々に「買いました」「読んでます」とメールいただいたりもして、朝から幸せな気分です。

かなり力を入れて書いたので、反響をとても楽しみにしています。
感想や質問など、コメント欄やリプ等でお寄せいただければ幸いです。

最近の中継の話題。
一昨日の王将戦、藤井ー池永戦は見ごたえのある終盤戦でした。
藤井君の先手角換わりが続けて敗れるとは、さすが若手棋士は皆研究熱心だなあ。と思っていたら最後にドラマがありました。
トン死、と言ってしまえばそれまでですがレベルの高い攻防だったからこそ起きた結末だったと思います。

昨日のマイナビでは、礒谷さんが里見さんをあわやというところまで追い詰めましたが、壁は厚かったですね。
クラスに差があっても、プロの将棋というのは紙一重だし、また、そうでなくてはいけないと改めて思いました。

今日はB1順位戦の最終日などがあり、モバイル中継は5棋戦7局。
また忙しい一日になりそうです。

最近は中継を観ていて「これ、本↑に書いたなあ」とか、「あの形にこういう見解があって、ここをこう工夫したんだなあ」と考えることが増えました。
自分で書いたものを繰り返し読んだおかげで、理解が深まったという面もあって、良い企画をいただいたと本当に感謝しています。

4件のコメント

  1. この本読みます。最近の将棋は、研究が深く掘り下げられていて、難しいですが、面白いです。ユーチューバーの方もAIソフトも活用して、分かりやすく解説してもらえるので助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です