棋王戦とか

日曜日の昨日、新潟で行われた棋王戦第3局は、挑戦者の広瀬竜王が一番返して第4局へ。
渡辺棋王は本局もペースをつかんでいたようにも見えたのですが、珍しく攻めがうまくいかなかった感じでしょうか。
後手雁木は最近すこし採用数を減らしていましたが、この指し方は有力と感じていたのでここで出てきてやはり、という感じで春からの名人戦や叡王戦でも見られるのではないかと予想しています。

これでまたすぐ次の日曜日、第4局の宇都宮対局が行われることになり、とちぎ将棋まつり関係者の方々はホッと一息といったところでしょう。
今期のように3局目と4局目の日程が近い場合、2-0で迎えてしまうとちょっとやきもきしてしまうということはあります。やむを得ないところですね。

僕自身は今年は出演の予定はないのですが、お昼すぎぐらいから観戦には行こうと思っています。

今日であの東日本大震災から8年ですか。早いものですね。
しばらく対局がないということもあって(?)、日々また無事に感謝して、一日一日を大切に生きていきたいなと改めて思う、平成最後の春です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です