卒業

伊藤かりんさん、NHK将棋フォーカスの司会を卒業、そして乃木坂も卒業されるんですね。
6年というのは、どちらかというと長いほうなんでしょうか。
アイドルと将棋の両立というのは、さぞ大変だったと思います。

彼女のような方が将棋に一生懸命に取り組んでくれることは、将棋界にとってはとても嬉しいことですし、彼女のほうもきっと、将棋にはとても感謝してくれていることと思います。
これからのことは未定、だそうですがまた違った形で活躍してくれたらいいなと月並みながら願っています。

将棋は一生を通じて楽しめる趣味になりうる半面、強くなるのに時間と労力を要する種目であり、また、強くならないと自分を否定されがちな競技でもあります。
後者の側面に関しては近年、だいぶ風向きが変わってきていて、これはとても良い傾向だと思います。
ただ前者に関しては、変わりようがない事実で、才能や努力の仕方によって多少の差はあれど、時間をかけずに強くなるということは(特に大人は)ほぼありません。
さらに言えば、その人なりに、かけた時間と労力にほぼ比例して棋力が向上します。筋トレに近いのかもしれません。

そう考えると、アイドル活動をしながら(それがどんな苦労があるのかは傍からは分からない)初段になったというのは特筆すべきことと思います。
師匠の戸辺君の功績は計り知れないですね。

後任の向井さんは、むかいびしゃを武器に初段を目指すとのこと。応援しましょう。

今日のNHK杯は女流選抜の決定戦。
昨日もほぼ同じメンバーで叡王戦の女流戦があり、里見さんがかなり順当な感じの内容で勝ち抜けていました。
壁は厚そうな感じにも見えましたが、今日はどうなるでしょうか。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です