1/18 佐藤五段戦

竜王戦のランキング戦1回戦でした。

先手番でエースの中飛車を採用。
序盤はどことなく、硬くなっているのを感じました。

前局の順位戦を負けて、年をまたいで公式戦3連敗、その前含めて2勝6敗とかなり負けが込んでおり、本局には背水の陣という気持ちで臨んだからでしょう。
結果としてはなんとか勝つことができて、ホッとしました。

図は中盤すぎ、長考が続く重い時間帯を過ぎて、戦いが激しくなった場面。

すこし前からの読み筋で、実戦はここから▲5五同飛!△同歩▲4四歩△同銀▲9六桂!と進んで有利になりました。
最後の▲9六桂は珍しい筋で、これで角が詰んでいます。

ただ実は△5五同歩に代えて△4六歩!と切り返されていたらこちらが不利になるところでした。
△4六歩に▲同角だと角が詰まなくなる(△9五角と逃げられる)し、▲同銀は△3六桂の王手を利かされます。

この手には飛車を切る直前に気づいたのですが、すこし前の長考で決めていたので、これで負けたら仕方ないと決断しました。
結果的にはこの開き直りが功を奏したわけで、勝負のアヤというのは気づきにくいところに隠れているものだと改めて思いました。

終盤の場面、ここで▲2三香と攻める手を発見して、ようやく勝ちが見えてきました。どちらで取っても王手で竜を脱出することができます。

粘りを振り切っての勝利は充実感がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です