NHK予選 大平六段戦

以前書いたように、久々にNHK予選を突破することができました。
おそらく表も公開になっていることと思います。

この日、実は1回戦は不戦勝でした。
それを知った記者の方に、とりあえず「お疲れ様でした」と声をかけられるという予定調和。
代わりに(?)記録の予定だった少年に声をかけて何局か。
連盟の2Fで練習将棋を指すのは、考えてみると相当久々だったような。

長い昼休みの後、午後からは大平六段との対戦になりました。
先手番を引き、▲7六歩△3四歩▲7五歩に△8八角成というやや意外な出だしから、角交換振り飛車vs居飛穴の戦型に。

図は飛車得に近い駒割りながら、実戦的には勝つまでは大変という局面。
ここで▲3五馬!が好感触の一手で、手ごたえあり。
対して△5八歩成▲6八馬△同と、と進めるのはと金が遠ざかるので攻め合いで勝てそうです。

実戦は△6七馬でしたが▲8七飛△7六馬▲5七飛(これも味良し)△6六歩▲6八歩と丁寧に受けて、すこし良くなったように思いました。
3五の馬はそれ自体良いポジションだし、3四から動いたことで▲8一と~▲3四桂の狙いが生じているのも、見逃せないところです。

この将棋は一局を通してまずまずの集中力を保って指すことができて、自分としては満足できる内容になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です