逆転

昨日は夕方、首都大の授業担当日。
ちょうど中村太地先生の将棋が佳境だったので、ごく簡単に現況を説明しました。
その時点ではかなりはっきりリードしていたと思うのですが、あれが逆転するとは、やはり将棋は怖いなと思いました。
菅井七段の攻防織り交ぜた粘りは見事でした。

また行く道中ではやはり大差に見えた三枚堂ー早咲戦も、よもやの大逆転。後で知ってこれも驚きました。
早咲さんは僕がプロになるよりずっと以前からトップアマですが、当時からいまに至るまで、有力な若手棋士を何人も破っています。しかも、昨日のような逆転勝ちがけっこう多い印象で、精神力がすごいのでしょうね。
余人にはない何かを持っている人だなと、感じさせられる内容の一局でした。

 

逆転人生「凡人、天才に勝つ 遅咲き棋士の大勝負」
NHKの人気番組に、今泉四段が登場します。
たしかに「逆転人生」というタイトルにこれほどふさわしい方も珍しいでしょう。

僕が奨励会に入った26年前、今泉さんは関西奨励会の先輩で、同郷のよしみなどもあってとてもお世話になりました。
その後は三段リーグでも対戦することになります。
そんなご縁があり、僕も熱心な取材を受けました。

将棋も人生も、何が起こるか分からないし、時に信じられないような大逆転があります。
だからどんな状況でも、またどんなことでも簡単にはあきらめてはいけないし、また、だからこそハラハラするし、面白いのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です