対局結果、名人戦

昨日から名人戦第4局が行われています。舞台は名人の地元、福岡県。
本局では恒例の全国一斉大盤解説会もあります。
第3局が終わってもお知らせが出ていなかったので、今年はないのかな?と不思議に思っていたのですが、10連休の影響だったんですかね。
第77期名人戦第4局全国一斉大盤解説会のご案内

今日の午後もしくは夕方から終局までというところや、土日に合わせてイベントを開催するところなど、地域によって分かれるようです。
ぜひ、足をお運びください。

3-0と星が偏った状況で迎えたため、本局でタイトルが移動する可能性があり、これは一斉解説会ではおそらく初めてのケースではなかったかと思います。
昨日の封じ手時点での印象としては、形勢は難しそうなもののそこまでの流れが挑戦者の構想通りに推移している感があり、新名人誕生の可能性は高いと思いました。
そこから十数手進んで現在85手目、これなら名人もやれそうかなと、すこし評価を戻して見ています。
これだけ指し手が進んでいるにも関わらずまだこの局面ということで、本局も持ち時間をいっぱい使っての、比較的長手数の熱戦になりそうな気がします。

昨日の自分の対局ですが午前の山本四段戦は勝ち、午後からもう1局で金井六段に負け、でした。
午前はまずい仕掛けをして不利を招いたはずが、そこから相手のミスに乗じて勝ち。
午後は逆に良い態勢を得たもののこちらにミスが重なり、混戦の末に最後に大ポカが出て負け。
どちらも良い内容とは言えず残念ですが、比較的集中して指せたのは良かったです。元の実力がたいしたことがないのは、やむを得ません。

また1局目は相手が新四段ということもあって観戦記をつけていただきました。
掲載はこれから始まる五番勝負の終了後なのでかなり先になると思います。

昨日は2局とも1分将棋になり、自分なりに一生懸命やって、自分は棋士だと久々に再認識することができました。
次の対局も自分なりのベストを尽くせるよう頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です