竜王戦

竜王戦は間もなく各組ランキング戦がすべて終わるところですがそれに先立ち、今期七番勝負の開催地が発表されました。
第32期竜王戦七番勝負 日程・開催地の発表

第1局のセルリアン東急は3年連続ということで、名人戦の椿山荘同様、恒例になってきました。
一方第2局の仁和寺は、たしか将棋が行われるのは初めてではないかと思います。また第5局の津和野も初めてのはずですが、先日はすぐそばの萩で名人戦が行われたばかりで、なんだかあの地域が急に活気づいてますね。

広島出身(しかも両親は山口県出身)の僕にとって、松陰先生ゆかりのあのあたりはわりと身近な場所なんですが、「萩・津和野」はセットで語られることが多いだけに「萩市は山口県で津和野町は島根県」なのはうっかりしやすい事実です。豆。
ちょっと東京から行くには大変な場所ではあるんですが、チャンスがあれば現地に行ってみたいところです。

ファンの方にとっては観戦の予定が立てやすいので、こうやって早めに発表があるとありがたいという声はよく聞きます。
主催紙の都合もあるのですが可能な範囲で他の棋戦も発表が早まると良いですね。

 

ランキング戦は各組決勝戦が順次行われているところで、一昨日が5組、昨日が2組でした。
竜王戦の決勝というのは自分も経験がありますが本当に大きな勝負で、特に一昨日の5組決勝は兄弟弟子同士のカードでもあったのでお互い期するものがあったことと思います。
内容的にも両者死力を尽くした大熱戦で最後まで形勢のはっきりしない、後から振り返ってもどこで優劣がついたか分からない、素晴らしい将棋でした。

対局予定を見るとこの後は明日(日曜日)が6組、月曜が3組、水曜が1組、金曜が4組。で、間の火曜が1組の5位決定戦、木曜が3位決定戦ということで、来週は毎日1局ずつ竜王戦の大一番が指されるようです。
一斉対局も良さがありますが、こうやって日をばらけさせるのも一考で、この日程が偶然なのかうまく調整したのかはわかりませんが、観る側にとってはありがたい配慮と思います。

では今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です