王位戦開幕

昨日から、名古屋で第1局が行われています。
今回ほど、挑戦者への声援の多いタイトル戦は珍しいかもしれません。
それがどの程度か、具体的には分かりませんが棋士の自分がそう感じるのですから、ファンの期待が相当なものなのは間違いないでしょう。
第1局は王位の地元にも関わらず、なので次局以降はさらにその空気感が高まりそうな気がします。

このところネット上にも木村九段に関する記事がたくさん掲載されており、興味深くまたうなずきながら読んでいます。
本局は初日からかなり苦しい形勢になっていますが、この先も「苦しみ抜く」のは間違いないでしょう。
苦しい局面や状況で最善を尽くすというのは本当に大変なことで、木村さんの粘りは後輩棋士たちのお手本や目標にもなっています。

 

昨日はC1の他の対局に目を通すなどして、のんびり過ごしました。
順位戦の翌日はかなり消耗していて、特に一昨日のように帰宅が遅くなると、疲れが抜けるのにも時間を要します。

振り返ってみると一昨日は全体的に、振り飛車が粘り強く指して良い結果を出した将棋が多かったようで、自分も偶然その中に入れたみたいです。
兄弟子の安用寺さんや、前期昇級の佐藤和俊さんなど、先輩が自分より遅い時間まで指して勝っているのを見て、自分も毎局こうやって頑張らないといけないと改めて思いました。

今日もA級1局とC2の半分、毎日いろいろあってファンの方々も忙しい毎日と思いますが、上記のお2人の将棋は一見の価値ありと思うので、オススメしておきます。

では今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です