負け

昨日の順位戦は熱戦の末負け。
堂々と熊せる作戦に出てみたのですが、結局居飛穴は堅かった。
自分なりに、精一杯、時間いっぱい指せたものの結果にはつながらず、残念です。
ただこれぐらい一生懸命指せていれば、いずれは上向きそうな気はしました。
気持ちを切り替えて、前向きな気持ちを失わないようにしたいと思います。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回は昼・夜と鳩やぐら連投で、みそ汁がつかないのでインスタント持参という新手で臨んでみました。
(※前節の新手についてはこちら
結果にはつながらなかったものの、この手自体はなかなか優秀に思えました。

ただ夜は連盟の係の人が部屋を間違えるというトラブルがあり、地味なミスながらけっこう大きな被害が出てしまっていました。
表示された部屋の近くで来ないなー来ないなーまだ来ないなーとみんな待機していたら、別の部屋に並べられていたという・・しかも直対除いてその対象者全員敗戦だった模様です。
まあ、そんなことぐらいで結果に大きな影響が出るわけもないと思うんですが、人間の行動にはいろんなミスが出るものだと思いました。

ずーっと別の場所で待ってしまったのは、昼にほんのすこし遅れてやってきたという伏線があって、あとで中継を観たら他の店でも遅れがあったみたいで、こういうのって不思議と重なるんですかね。暑いからかな。
まあ、そういう日もあるでしょう。

ともあれ、また次頑張ります。

4件のコメント

  1. 「熊せる作戦」←これ誤変換じゃなくて新語でしょうか、よくできた表現ですね(笑)

    1. いえ、これは昔からありますよ。「熊せて戦う四間飛車」がいちばん流行したのは今から15年くらい前のことなので、最近のファンの方はご存じないかもしれません。
      ググってみると当時の名シリーズ「振り飛車ワールド」(懐かしい)などで見出しに使われていたようです。

  2. はー初耳でした。

    Google “熊せて” 294件
    Google “熊せる” 115件

    これ音声だと伝わらないのがもったいない言葉ですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です