王位戦など

昨日から王位戦第4局、舞台は有馬温泉。
封じ手直前の△4六銀~△9二角には驚きました。
こういう一点狙いの攻めは、あまりうまくいかない印象があります。
お二人がどう思っているのか、興味深いところですね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

対局場の「中の坊瑞苑」では僕も記録を取らせていただいたことがあります。
ちょうど20年前の夏でした。

そういえばこないだある記者の方と「タイトル戦で10回以上記録を取ってプロになった人は少ない」という話になって、「僕はたぶん10回以上取ってると思います」と言ったのですが、数えてみるとやっぱりそうでした。
7大タイトル戦(当時)のうち王将戦を除くすべてのタイトル戦でやらせていただき、勉強させていただいたのは良い思い出です。

タイトル戦の記録をたくさん取っているということは、ある程度長く奨励会(しかも有段者)にいるということなので、たしかに良いことばかりではないしプロになれなかったケースが多くなるのも無理はないのですが、貴重な経験をさせていただいて、自分としては本当に感謝しています。
奨励会が現行の制度になってから、自分より多く取っている人がいるのかどうか?
すぐには思い浮かびませんでした。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

将棋のほうは、書いている間に50手目△4七銀成が指されたところ。
先手持ちの印象は変わりませんが、それなりに難しそうな将棋には見えます。
後手玉が4二で囲いに入っていないのがかえって良い感じ、という展開になれば形勢の評価も変わってくるかもしれません。

今週はこの後すぐ竜王戦の挑決第2局もありますし、今日の結果は相当に大きなものになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です