新四段、女流六冠など

昨日は三段リーグ最終日。
1枠はすでに決まっている状況で、もう1枠に自力だった弟弟子の石川君が滑り込みました。
新四段誕生のお知らせ

前期のことがあり、昨日も1局目を負けてしまったようで、さぞプレッシャーもかかり、喜びも一入だったことでしょう。おめでとう。
さっそく師匠にお祝いの電話をしたら、さぞ喜んでおられました。
来春の祝賀会も盛大に行われることと思います。

 

最近の公式戦の話題。

竜王戦の挑決最終第3局は、豊島名人の勝ち。強かったですね。
87手目の▲4四香は誰でも打ち込みますが、その後91手目▲4四金、97手目▲4四銀とゴツく行ったのが、案外気づきにくい攻めだったのではないかと思います。

令和初の竜王戦七番勝負はこれで竜王名人対決となり、まさに最高峰の戦いになりました。
また十番勝負のほうはこれで片方が終わり、明日から王位戦第6局です。

同日のC2は中田功ー佐々木大戦と、伊藤真ー矢倉戦が面白い将棋でした。
コーヤン流は三間飛車が有名ですが、中飛車でも余人には真似できないさばきを見せてくれることが多いと思います。

最後に昨日の清麗戦は、里見さんが勝って史上初の清麗、そして女流六冠に。
タイトル戦と公式戦の対局が続いていますが、最近はちょっと女流棋士相手に負ける姿が想像がつきにくい感じになってきました。

史上初の六冠、というニュースバリューはタイトル数自体が増えていることもあり過去との比較が難しく、全タイトル戦への連続出場や全冠制覇の記録がなるかどうかが今後の注目です。
最近のタイトル戦の将棋を観ている限りでは七冠の可能性はかなりありそうで、他の女流棋士の意地に期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です