囲碁界の話題など

昨日の竜星戦決勝、劇的な内容だったみたいですね。「ドーハの悲劇」だったとか。
碁がもうすこし分かって、リアルタイムで観ていればさぞ面白かったのでしょうけど、残念ながらほとんど分からないので経過や結果は囲碁棋士やファンの方々のツイートなどで知りました。

囲碁界では一般棋戦の優勝もタイトル獲得に準ずる扱いで、段位も二段→七段になるところだったとか。本当に大きな勝負だったのですね。
紙一重だったのだと思いますがその差は大きい。さらなる偉業達成がいつになるか、楽しみですね。
将棋界ではまだその兆しもないですが、いつかは同じことが起こる日も来ることでしょう。

明けて今日は里見さんが王位戦で久保九段に挑む一戦が注目です。
新人王戦ではアマチュアの早咲さんが優勝2回の増田六段と対戦。こちらは勝ったほうが決勝進出という大きな一番です。
女流やアマの活躍は以前から注目の的でしたが、最近は珍しくはなくなってきたにも関わらず、出場棋戦と報道される機会がともに増えてきたためにより注目が高まっている感もあります。

また倉敷藤花戦の挑決も。こちらは加藤さんが勝てば初参加で挑戦の快挙ですがどうなるか。
他に棋王戦本戦、王将リーグ、叡王戦で都合6棋戦7局の中継があり、連休明けのためか数日ぶりに豪華な一日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です