負け

昨日の対局は、まさかの相居飛車。
振り飛車党同士の相居飛車、というのは昔からよくある展開とはいえ、黒沢君が自分相手に居飛車で来ることは想定しづらいので、すこし意表を突かれました。

もっともそれで悪くなった、というわけではないと思うのですが、その後の相手の指し方がうまく、結果は完敗でした。
こちらが一方的に時間を使ったのに、感想戦では読みにない手をたくさん指摘され、本筋を見抜く才能の差を感じました。

それと昨日、本当に驚いたのは隣でやっていた高崎ー山本戦が相居飛車になっていたことです。
山本博志君と言えば三間飛車一筋で有名で、彼が居飛車を指すのはかなり珍しいはず。
なんともレアな一日に遭遇したものです。

今日はB2順位戦の一斉対局など。
また高知でリコー杯が開幕します。
展望記事が兄弟子と妹弟子の対談だったので、特に興味深く読みました。
里見女流王座VS西山女王 女流王座戦五番勝負30日開幕

本局は対抗形で、あまり例のなさそうな感じの進行になっています。
すでに何度か書きましたが女流王将戦と合わせての「八番勝負」は内容、結果とも要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です