振り飛車の日

令和1年11月11日は、たまたま練習将棋を指す日で、1勝1敗でした。
20年前や30年前の同じ日、何をしていたかはさすがに覚えていないですが、10年後はどうでしょうか。

昨日の中継は全5局(千日手指し直しを含めると6局)全てが対抗形、なかなか見られないような振り飛車の日でした。
特に羽生九段の角交換四間飛車には驚きました。そしていつもながら見事なさばきでした。
王将リーグは来週が最終一斉対局ですがそれまでの進行はバラバラなまま来ているようで、今週の残る数局で最終日の状況が決まるみたいですね。

竜王戦は杉本四段と井出四段が5組昇級、この3位決定戦というのは地味ながらかなり大きな勝負です。
どちらも見ていて気持ちが伝わってくるような内容になり、最後は振り飛車の良さが出た将棋だったと思うので振り飛車党の方は特に必見です。
中でも井出四段の△2一歩と△4一歩には感心しました。これが振り飛車の手ですね。

今日も午後から練習将棋で、連日は自分にしては珍しいです。
最近成績が悪いですが気持ちは切らさないように日々を過ごしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です