昨日の中継

なんというか、豪華すぎて大変な一日。
中継を観ていたらあっという間に夜になり、そして日付が変わってました。

いちばん最後に残ったB1の郷田ー阿久津戦はまさに死闘。相穴熊の出だしから玉が3・4段目で向き合うなんてめったに見られる光景ではありません。
またC2のラストになった井出ー梶浦戦は240手台、入玉模様の勝負で何度か逆転もあったと思いますが、気持ちのこもった大熱戦でした。

昨日のB1の対局で行方さんが九段昇段。
夏に青森にうかがった際に、地元の方々がいまかいまかと待ち望んでおられました。皆さまおめでとうございます。
「彼(木村王位)の記録を抜く可能性がある棋士は自分だけだと思っている」はあまりにもかっこいいセリフで、将棋界に残る名言がまた一つ生まれました。

A級は広瀬竜王の完勝でした。
羽生九段は2局連続の角交換四間飛車で、今後さらに連採の可能性もありそうです。

注目の王将リーグは、藤井七段がまたしても完勝。
最終日の一斉対局は広瀬竜王と4-1同士の対戦で、勝ったほうが挑戦者という分かりやすい構図になりました。
藤井七段目線で言うと過去、ベスト4(挑戦まであと2つ)が最高だったので一つ越えたことになります。
最年少タイトル挑戦なるか、19日は報道がすごいことになりそうです。

広瀬竜王のことは奨励会在籍中から知っていますが、彼にこのところこうした立場(今年の朝日杯や昨年の竜王戦など)が回ってきていることには、何だか驚かされます。
またこれで今年度羽生九段がタイトル戦に出場しないことが決まり、31年ぶりの出来事なのだとか。これもまたすごい記録ですね。

最後に、リコー杯は1-1のタイになり、次の郡山が大きな勝負です。
里見さんからすると西山さんには連敗中なので、もう負けられないといったところでしょうか。
その他、いろいろありすぎてざっと流してしまった対局も多いので、長い一日の余韻にひたりつつこれからゆっくり手順を追ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です