原点

昨日の対局は、いわゆる熊せて戦う四間飛車。
久々に指す戦型だったので、お互い序盤から時間を使い合って、じっくりした展開になりました。

夕休過ぎに玉頭から仕掛けられたところでは、自信を持てない感じがしましたがそこからうまく指すことができて、勝ち。
終盤は92手目△7六桂(▲7六桂の防ぎ)と98手目△7五桂(▲6七飛の防ぎ)、二度の桂打ちが攻防によく効いてくれました。
全体的にはわりとうまく指せたと思います。

この戦型は、新四段の頃によく指していて、公式戦デビュー戦と、順位戦デビュー戦でも指しているなど(相手はいずれも佐藤紳哉さん)、自分にとっては原点でも言える将棋です。
最近はすっかりご無沙汰だったので、また指してみたいとは以前から思っていました。
若い頃のように、とは思わず、その頃に比べて成長している部分が出せるように、これからもやっていきたいと思います。

今期は特に苦しい戦いが続いていましたが、なんとか勝ち越しで順位戦を折り返すことができて、ホッとしています。
そのせいか今日はお昼過ぎまで寝てしまい、起きてすぐブログを書いているところです。やはり体は正直ですね。

来週は竜王戦の1回戦が決まっており、順位戦は年明けから昇級候補との対戦が続きます。
引き続き、頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です