文化検定とか

すこし前の話題ですが、将棋文化検定は無事1級に合格してました。

さすがにキャラ的にこれはある程度はできないとまずいと思っていたので、ホッとしました。

ちなみに76点だったそうなので、合格ラインは知らないのですがけっこう危なかったですかね。
たぶん110点満点で、後半の書き問題がよくできていたのが幸いしました。
逆に3択で最後まで迷ったものはだいたい外してました。
最高点はどのぐらいなのだろう?90点とかだったら相当すごいですね。

クイズも含めて、楽しい一日でした。
また来年(以降)も機会があることを願っています。

女流名人戦リーグ自戦記
上田初美さんのnoteです。(リンク先は第1譜)

自戦記は新聞の他に専門誌など、棋士が書く機会もよくありますが掲載後にwebに転載されることは極めて珍しいのでご紹介します。
数日(6~7日ぐらいが多い)で一局を紹介する自戦記・観戦記には実は一日ごとにも起承転結のようなものがあることが多く、このnoteではさらにそこに前フリが加わったような感じで、面白い形態だなと思いました。

深く知っているのによく分からない、というのは言い得て妙で、たしかに棋士のことは棋士にしか分からないと思う一方で、それでも他の棋士のことはやっぱり全然分からなかったりします。
それでいい、のでしょう。

女流名人戦といえば紙面がカラーになったこと、それと先日のリーグ最終局終了後に「王手報知」のコーナーで参加女流棋士全員のコメントが掲載されたのは素晴らしかったです。
見出しで引き付けることが求められる時代なのかなと思いますが、個人的にはこういう丁寧な仕事がもっと知られてほしいなと思いました。

今日は棋王戦の敗者復活戦が大一番。
また弟弟子の石川君がプロデビュー戦ということで、注目しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です