順位戦など

昨日はB2の一斉対局を中心に観戦。
鈴木九段の勝ちっぷりはすごかったですね。
月曜日に続いての、ノーマル四間飛車での居飛穴連続粉砕は、振り飛車党のアマチュアファンに夢と希望を与えたと思います。
昨日の将棋は、途中は居飛穴側が指せているように見えたのですが、なんとも豪快な早指しでした。
弟弟子の大石君にとっては昇級争いの直接対決で敗れ痛い1敗でした。
その他、上位は星を伸ばし次局も1敗同士の直対が組まれています。そこを勝ったほうが2枠目の自力という状況での年越しになりました。

また昨日は深夜の熱戦が多く、上記含め二枚目突入(150手越え)が計4局、両者1分将棋に入った将棋も3局ありました。
最後に残った杉本ー村山戦はおそらく最終盤での逆転。これぞ振り飛車、職人の粘りという感じでやはり将棋は情念のゲームだと改めて思いました。

今日はB1の一斉対局の他にA級も1局、また朝日杯では羽生九段が登場するなどとても豪華な一日。
年内の順位戦一斉対局は昨日・今日で最後のようで、今日も長い一日になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です