年賀状とか

先日書いた通り、年内の予定をだいたい終了したら、待ちかねていたかのように軽い風邪を引いてしまいました。まあ、ありがちですね。
このところ酒量も増えていたので、今日からちょっとおとなしくします。
たまった本と酒を消化する、と書いておいて実際には積読のほうはその後まったく減ってないし、良い機会です。

昨日、今日は年賀状書き、でいましがた、ひととおり終わったところ。
あさってぐらいまでに出せば元旦には届くはずなので、こちらもちょうど良い感じです。
年賀状という習慣は形態が変化していく(べき)ものの代表例のような気もしますが、個人的にはこの一年この人はどうしてたかな、とかこの人に一言何を伝えようか、と考えることは、意味のある作業かなと思います。
字がヘタなのだけはちょっと苦痛ですが。どうかお許しを。

昨日は王位リーグ入りの一番が2局、今日もA級順位戦など、将棋界の大きな対局はまだまだ続いています。
自分の場合、本格的な始動は年明けからとはいえそこはプロなので、日々の対局だけは目を通しており、モバイル中継はありがたいなあとしみじみ。
来年はもっと登場できるように頑張って、自分の将棋を観てもらえるようにしたいなあと思いを新たにしているところです。

あとはモバイル中継を観ている方々が僕の新刊も買っていて、この局面たしか出てたなあ、と思い出してくれたら良いですね。

では今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です