10/29 黒沢五段戦

王位戦の予選1回戦です。
前期は初めて予選決勝まで進み、そこで負けてしまったので再起を期す気持ちは強くありました。

本局は初手から▲7六歩△8四歩▲1六歩△1四歩▲5六歩△6二銀▲6八銀△4二玉に▲2六歩△3四歩▲7七銀、という出だしになりました。
現代では早めに△4二玉と上がったぐらいでは、振り飛車党への挑発と受け取られることはなくなったと認識していますが、本局に関しては1筋の突き合いが攻める側に有利に作用する面があり、やや危険な駒組みだった可能性があります。

その後は矢倉系横歩取りの手将棋になり、定跡の通用しない序盤戦をうまく指されて作戦負けになりました。
黒沢五段は振り飛車党の中でも球種の豊富さとセンスの良さが際立つタイプで、彼の良さが出る展開になってしまった気がします。
逆に自分のほうは悪いところがいろいろと出てしまいました。

△6五歩と突いて▲7七銀と引かせた局面

図の局面は二歩損でやや不利。
そしてここから△4四銀▲3六銀、のやり取りで決定的に形勢を損ねました。

ここは△5五歩▲同歩△7五歩▲同歩△8四飛、のような感じで駒の働きを高めつつ、手を渡しておくべきでした。
自分は歩切れなので歩の調達にメドをつけておくことが重要で、逆に相手にはいまさら一つや二つ余分に歩を渡すことは問題ではない。
また、五段目まで駒を進出されるのはやむを得ないとして、そこで食い止める手立てが必要でした。
本譜は次の▲4五歩、という手が絶品の一着になったことが致命的でした。

本局は相手の良さが出た完敗で、自分としては後手番だったし落ち込むほどの大きなミスはなかったのでやむを得ないとは言えます。
ただ1回戦負けが続いていることには、もっと危機感を持たなくてはいけないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です