負け

昨日の対局、気合を入れて臨みましたが残念ながら凡戦に終わりました。

途中からは勝ち味の薄い将棋になってしまい、そこまでに相手の長考が続いていたので時間的には長くかかったものの、見どころの少ない内容で反省です。
特に△4一歩(76手目)だけは打ってはいけなかったです。代えて△4七歩と前向きな手を指すべきでした。それでチャンスがあったかというと微妙ですが。
作戦的にも課題が残りました、というかまた増えました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
だいたい対局の後は眠れないものですが、昨夜は比較的マシなほうで、ぐっすり眠れました。そして朝方、夢を見ました。

くっきりと盤面が浮かんでいて、異様に難しい終盤戦。いくつかの手を検討してみるも、はっきりした結論は出ず。
ちゃんと駒はルール通り動いていて、盤面もかなり鮮明だったはずなんですが、目が覚めてみると残念ながら配置は覚えていませんでした。

並べ直すことができたら、良い次の一手ができたかもしれないのですが、残念です。
もしかしたら、終盤戦を指せなかった反省と無念からきた夢なのかなと思いました。

今月はこのあとNHK予選、月末に竜王戦、棋王戦と続きます。
落ち込んでいる暇はないので、次に向けて頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です