健康診断

本日は年に一度の季節恒例行事のため、早い時間に更新します。
健康診断は大切、とはいえ将棋連盟的にはこの時期NHK予選があって日程調整が大変そうなので、季節をずらしたほうが良い気がするんですがどうなんでしょう。
朝出かけるの寒いですし。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日のエントリで書き忘れた話。

一昨日の朝日杯、準決勝の千田ー藤井戦は定跡形から前例のない研究手が炸裂した一局で、解説や観戦の棋士・ファンからは「この時間差は厳しい」という声が多くありました。
持ち時間わずか40分の将棋とはいえ、相手が4~5分しか使ってない状態で秒読みに入ってしまうというのはたしかに記録的です。

ただ、それを見ていて僕は逆に、これが藤井君の強さなのかな、と思いました。
人間どうしても残り時間のことは気になるので、自分が同じ状況ならばやむを得ず何か指してしまうと思うんですよね。
どちらが実戦的に正しい判断なのかも微妙な事案ですが、安易に着手を返すことなく、可能な限り納得いくまで考え続ける姿は印象に残りました。

実戦の限られた時間の中で最善を尽くした藤井君からは強さを感じましたし、もちろん研究を結果につなげた千田君はさらにお見事でした。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

では、行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です