B1とか

健康診断は滞りなく終了しました。たぶん、何事もないと思います。
当日と前日はいろいろと制限があったり大変ではあるのですが、また一年、つつがなき日々を過ごすことが一番です。

昨日は終わって帰宅後、ひとやすみしてから書道部へ。
今年も上野の書展に出品するのでその作品を書いてきました。
3月1日(日)に昨年同様のイベントを行う予定ですので、良かったらお越しください。

夜はB1順位戦の観戦など。
モバイル中継対象の2局が早めに終わるという展開で、その後も競争相手が次々と敗れたために斎藤七段のA級昇級・八段昇段が決まりました。
A級入りでの新八段は比較的多い印象、と前節のときに書きましたが2人同時となるとかなり久々のことかもしれません。
一歩届かなかった永瀬二冠や千田七段も来期は本命視されそうで、分厚い世代がいよいよ大挙して上がってきた、という感じがします。

今期のB1は昇級2枠を関西の若手が占めた一方で、降級の2枠も関西から出ることになり、関西ファンとしては悲喜こもごもかもしれませんがこれもまた、関西の層の厚さゆえのことと思います。
調べたわけではないですがこの現象はもしかしたら順位戦始まって以来ということは、ないですかね。

叡王戦の挑決第2局は意外な大差でした。
渡辺三冠としても次勝てばある意味帳消しになる一局なので、というところはあるかもしれません。
それにしても、今期の豊島ー渡辺戦は後手番側が押しているのは、興味深い現象です。

今日の中継は竜王戦の1回戦最後の2局や王位リーグの開幕局など全6局。
ラインナップを見ると、なんとも重厚感のある顔ぶれですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です