王将戦とか

4枚落ちのエントリ、いかがでしたでしょうか。
米沢から帰ってきてからずっと書こうと思いつつ、図面作るのが面倒でいろいろ他に書くことが多くて手をつけられてなかったので、なんだか宿題を一つ片づけたような気分です。
また折に触れこうしたことも書いていくつもりです。

1日遅れましたが王将戦第4局は広瀬八段の勝ち。
「勝者罰ゲーム」の「大名行列」は6年ぶり2回目(?)とのことで、TLで盛り上がってましたね。

本局もまた、大熱戦でした。今期の王将戦は序盤から終盤まで、興味深い内容の熱戦が続いています。
2日制だと形勢をリードした側が持ち時間に多少余裕を持ってゴールインすることも多いので、この3・4局は本当に拮抗した勝負だったということだと思います。

渡辺さんはこの王将戦が7番勝負→3番勝負になった他、棋王戦が5番勝負→3番勝負、叡王戦挑決が3番勝負→1番勝負とすべてタイスコアになっており、さすがにこれほど重要な対局が重なるのは初めてでしょうか。

先週の中継では、永瀬ー久保(竜王)戦の久保九段の指し回しが芸術的で感動的でした。やっぱり美しい振り飛車は本当に美しいですね。
また昨日も土曜にも関わらず3局、今日も日曜ですが1局、3連休最終日の明日も3局の中継があります。多士済々で見どころたっぷりです。

ウイルスに花粉、なんだか大変ですが皆さまもどうか良い週末を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です