辛勝、反省、総括

昨日は先手番で向飛車を採用。からの、中飛車への転身。
仕掛け付近でうまく指せて、早々に大優勢を築く。
からの、見落とし連発。暗転。
それでも貯金が大きく、開き直って指したらなんとか残していました。

終盤▲2九金(83手目)と投入して一手余すのは振り飛車らしい手筋で、途中からはこういうイメージで指してはいたものの、実現したのはまったくの偶然です。
読みが入っていたわけではなく、その手前の指し方にはかなり問題がありました。
一言でいうと、幸運、いわゆる僥倖でした。
反省しきりですが、最終盤は間違えずに指すことができて、なんとか逃げ切れてホッとしました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昇級2枠目は佐々木勇気君が自力で決める結果に。
帰りの電車で棋譜を見たのですが中盤の△6一香は良い手でした。

そして今期も9-1頭ハネが2人出てしまいました。
過去を振り返ってみると9-1で次点(3位)になったのはこれで実に5年連続、なんと4位も3年連続です。
来期からは昇級枠が1つ増えるので状況が改善される見込みですが、この不作為はもうすこし早く解消できなかったのかとは思います。
一方で自分自身も今期9-1の3人のうち2人に敗れており、少なからず責任も感じているところです。

ただ自分自身の成績でいうと6-4の勝ち越しで終えることができたので、近年の中ではまずまずの年になりました。
あとは上記のように昇級候補に勝つことができれば、自分自身も昇級争いに食い込むことができる、の気概を持って来期も頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です