3連休

この金土日は春分の日を含む3連休。
東京はずいぶんと暖かくなってきて、桜も例年より早く、咲いてきました。
お花見に出かけたい気持ちもありますが、一か所に大勢が集まって飲んで騒ぐという行為は良くないので、散歩にとどめたいと思います。

世間の様子を見ていると、やはりこの3連休はすこし気持ちが緩んでいるというか、大丈夫なんじゃね?というムードに包まれつつあるような気がしますね。
ウイルスは目に見えないけど怖い、怖いけど恐れすぎてもいけない、でも気にしないのはもちろん良くない。というところで、なかなかバランスが難しいところだと思います。
日本はここまでなんとか持ちこたえてきていると思うので、どうかこのまま収まってほしいと祈るばかりです。
そのためには一人ひとりの心がけが大切でしょう。

個人的にはこのところ、専門家会議の「3つの密を避ける」を常に心がけながら、妻や数人の仲間と静かに外食を楽しむようにしています。
経済に細々と貢献しつつ、感染リスクを最小限に抑えていきましょう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

中継は昨日、今日と公式戦はついておらず好局振り返りとなっていますが、金曜日は普通の平日と変わらない対局数・中継数で熱戦多数でした。
中でも上村ー藤井戦(王位リーグ)の△8五香という手には感動を覚えました。自分を含む普通の人には、あんなところに香を打つ手は絶対に思いつかないでしょう。

部分的に2二玉・3二金・2四銀という矢倉の配置に対して▲2五香と突き立てた例として、村山聖ー森下戦という有名な将棋があるんですが、あの将棋は2六歩の上から打ったもので、本局とは意味合いが違います。
その当時もすごいインパクトだったと聞いたことがありますが、それを大きく上回る衝撃度でした。

三浦ー渡辺戦(竜王戦)はけっこう大きな逆転だったでしょうか。
渡辺さんがああいう形で徐々に差を詰められての逆転負けを喫するのは珍しく、やはりトップは紙一重だし、ちょっと歯車が狂うとこういうことが起こるのが将棋というゲームなのだなと思いました。

では今日はこのへんで。

1件のコメント

  1. 藤井さんの8五香とは逆に定石通り控えて打った上村さんの5九香が悪手になりました。名人に定石なしですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です