コロナの影響

東京都の外出自粛要請が出てからというもの、自分自身も対策レベルを一段引き上げることに決めました。
外食はなるべくしたいけど1人だけもしくは妻と2人だけで、それ以外の外出は散歩と買い物と対局のみ、という形でしばらく生活することになりそうです。

個人的には、それで特段の不自由はありません。
気持ちが落ち着かないとか、勉強していてもモチベーションや集中力が高まらないといった問題はあれど、世の中の多くの人に比べたら、かなり恵まれた立場と言えます。
置かれている境遇と、健康に感謝して、日々を誠実に過ごしていきたいと思います。

棋士イベント次々中止、碁会所・将棋道場も打撃(朝日新聞デジタル)
当然ながら、人ごとではありません。
棋士は個人差が大きい世界なので、中にはスケジュールが真っ黒だったのが真っ白になった、という人もいると思います。
当然ながら収入にも直結してきます。

特に教室やイベント等の経営・運営をしている棋士や、指導・出演機会の多い女流棋士は大変だと思います。ファンの方も、連盟も、そういった方々のことを支援してあげてほしいです。
自分自身は、合宿が1件と企業の指導が1件、中止・延期になりました。残念なことではありますが、少なくとも向こう1年くらいは、仕事の機会が減ることは覚悟しています。

人の移動を制限するということは、マスに向けたビジネスが難しくなり、それぞれが住んでいる地域ごとに経済圏を形成していかないといけなくなるということでもあります。
特に身近な棋士・将棋関係者が近くにいる、あるいは飲食店、もちろん他のフリーランス・小規模店舗等に類するものがある方々、それぞれが何らかの形で、お金を落とす工夫をしていただけたらなと、心からお願いします。

GW恒例の森一門祝賀会も今年は中止になりました。
ホテルや宴会場でのパーティーは、感染症防止の観点からは今後も開催がかなり難しくなりそうで、何か解決策はないものか、自分でも考えていますが相当な難問です。
これは社会全体が徐々に変わっていって、落としどころを探っていくという話のような気がします。

最近は気が気でないのでニュースを読む/見る機会が増えており、できる限り専門家もしくは当事者の一次情報に接すること、それと自分ならどうするかを考えること、この2つを意識しています。

では今日はこのあたりで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です