今後の対局についてなど(2)

先日、連盟HPに「緊急事態宣言を受けての対応」というお知らせが出されました。
すでになされている感染防止策に加えて、東西遠征の移動を伴う対局はすべて延期し、各部屋1局ずつのみで日々の対局を継続する、と決まったとのことです。

これに伴い、名人戦に続き叡王戦も七番勝負の開幕延期が発表されました。
普段自分たちの指している予選のずっと先、頂点にタイトル戦の対局があるわけですが、最高の舞台ゆえ多くの人の移動を伴い、結果開催が難しくなるというのは大きなジレンマです。
この社会情勢では、やむを得ないことではあると思います。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日は王位リーグで全勝同士の菅井ー藤井戦があり、棋聖戦に続いて藤井七段の勝ち。
相変わらずの強い内容でした。
上記の方針により、愛知県在住の藤井七段の対局は5月7日以降になるとのこと。
しばらく姿を見せないうちに、またパワーアップするのでしょうか?する場所がもう見当たりませんが。。。でもたぶんするんでしょうね。

その棋聖戦は佐藤天九段が勝ち上がり、これでベスト4が出そろいました。
2局はいずれも東西対決のため、やはり5月7日以降になります。

新人王戦では前週に続き西山さんが長谷部四段に勝ち。強い。
今期の新人王戦は三段がプロを圧倒しており、なんとベスト16にプロ同士のカードは一局しかなく、三段が過半数を占めているようです。これはたぶん過去に例がないのではないかと。
三段が強いのは言うまでもないことで、長くやっていればたまにこういう年があるのも普通なのかもしれませんが、さすがにちょっと驚きです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日は突然ブログが見られなくなっていたようで、お知らせいただいた方がいたおかげですぐに対応できて、事なきを得ました。
どうもありがとうございました。

これからも更新は続けますので、ご愛顧のほど(?)よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です