近況

昨日も書いた通りで、最近はふと気づけばコロナ関連のニュースを見たり、専門家の発信を読んだりしていてそれに時間を割いている感じですが、生活自体は依然とあまり変わらず、普段通りです。
そもそも対局以外に大きな用事がないのはいまに始まったことではなく、たまにいただく指導のお仕事や、誰かと食事したりといった機会がなくなった程度です。
妻も自分も健康なのは、何よりのことです。

最近感じた変化といえば、スーパーに男性の姿が多くなったことですね。
メモを見ながら何かを探している様子だったり、誰かと電話してたりする様子を、よく見かけます。

将棋は、そんなに頻繁にではないですが、ネットでは指しています。
棋士同士で指すのも、いまはただ指すだけという感じで知らない人と指すのとそこまで変わらない感じですが、今後はすこしずつ考えていきたいと思っています。

あとは、NHK将棋講座に予選のダイジェストを書きませんかと声をかけていただいて、毎日1~2ブロックずつ並べては記事を書く作業を繰り返しています。
たぶん過去最大級に手間のかかっている仕事です。
相当な力作なので、お披露目が楽しみです。
他にもモバイル中継の解説とか、家でできるお仕事はときどきいただいていて、忙しいというほどではないにせよ、それなりにやることはあります。

外に出ないと太る、という声はよく目にしますが自分も例外ではなく、ちょっと、気をつけないといけません。
散歩だけはなるべく毎日していますが、一昨日の雨の日はさすがに出ませんでした。寒かったし。
今日は天気が良いので、これから自転車でひとっ走りしてこようと思います。

こうして考えてみると、自分は性格的に、人に会わないこと自体は特に問題がなく、そうでない人に比べると過ごしやすい状態かなと思います。
いろんな人と話してないと辛い、という人もいると思うので、そういう人は電話とか、流行りのZOOMとかを活用するのが良いのでしょうね。
ただ、辛くはないにしても、毎日同じだと単調になってくる、という面は感じています。
たとえば曜日によって多少行動パターンに変化をつけてみるとか、ささやかな彩りと楽しみを加えてみるのが良さそうです。

とりあえずはあさってが対局なのでそこに照準を合わせつつ、その後はどんな日常にしていこうかと、考えているところです。
状況に適応することそれ自体を、一つの楽しみに変えていくことが大切かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です