最終日

昨夜はちょっと、イレギュラーでしたが、今後もブログはいままで通り基本的には将棋中心、ときどきそれ以外の日常、で毎朝更新でやっていくつもりです。

コロナのことは目にしない日はなく、ニュースはかなり多岐にわたってチェックしていて、それとは別に感染した方や、実際の医療現場で従事している方の体験談もよく拾って読んでいます。
これは自分がもしかかってしまったときの、心の準備という側面もあります。
またやはり一次情報は何物にも代えがたいと思うからです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あまり世間で話題になっていないような気もしますが、今日で改元からちょうど1年、令和初年度の最終日です。
あの頃は、祝賀ムード一色でした。あれから一年、よもや、世界がこんなことになるとは誰も思っていなかったことでしょう。

とはいえ、今日も世界は回っています。
これからも、行動や価値観が急速に変化しながらも、変わらぬ気持ちで日常を過ごすことが大事かなと思います。

将棋界では今日も公式戦が行われています。全局中継のようですね。
過去に例のない後日指し直しの対局や、自分にとっては弟子の対局などもあり、注目の一日です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

結びに代えて、最近の流行に乗って?実戦詰将棋を貼ってみます。

令和2年目も、多くの方が将棋を楽しんで下さることを願っています。

1件のコメント

  1. ▲2二銀△1二玉▲1一金△2二玉▲2一竜△1三玉▲1二金△同銀▲2五桂打△同歩▲同桂まで詰み。

    3手目▲1一金として打った銀を取らせてしまうのと、7手目▲1二金として竜の利きを通す(2三の銀をそらす)のがポイントです。

    全部で11手かかりますが、玉方の応手は選択肢が一切なく、こういう状況に追い込んでいくのが寄せのコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です