女流タイトル戦と、お知らせなど

先週は久々の藤井フィーバーといった様相でしたが、女流のほうでもマイナビ第5局と女流王位第1局、2つのタイトル戦が行われ、前者は西山さんが防衛、後者は里見さんが先勝。
挑戦者の加藤さんは、特に前者はフルセットの末の挑戦失敗で、残念な結果でした。

この2局はいずれも先手中飛車vs一直線穴熊で、振り飛車側が相穴熊を選ばず美濃囲いを選択したところが共通でした。
女流2トップが棋風の異なる振り飛車党なので、同じ戦型でも展開が異なり、特に振り飛車党にとっては参考になる内容だったかと思います。

女流王位戦のほうは、序盤の△7四歩(38手目)がポイントとなる一手で、そこから思いがけない感じで戦いが始まりました。
最近読んだ長谷部君の新刊では、代えて△6四歩が紹介されていました。
(厳密には▲5九飛→5八ですが)
あのあたりから早くも勝負所、とすると女流の将棋も本当に厳しくなったという印象です。
なお↑の本は地元・栃木への思いが切々と綴られていて、特に近隣のファンの方には必読です。深夜に読んだほうが良いそうです。

この土日は公式戦はなく、モバイル中継は今期清麗戦の振り返りが複数局配信されています。
本戦進出者の勝局まとめになっているようで、昨日は伊藤さん祭りで今日は岩根さん特集。
一部で解説を担当していますので、良かったらご覧ください。

それとHPのまいにち詰将棋のコーナーに自作が出題されています。
こちらもよろしければ解いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です