棋聖戦第1局

昨日はリアルタイムで観戦していました。
本当に素晴らしい将棋でした。
挑戦者決定戦に続き、またしても藤井七段の名局だったと思います。

いろいろありましたが中盤でフワッと一マス上がった▲4六角は名手でした。
それと▲7五香△同銀▲1三角成、このなんとも言えない難しいタイミングには驚きました。たぶん最善だったんでしょうね。
渡辺さんのブログにもこの場面が取り上げられていました。
最後さらっと「藤井七段は①△13歩の変化も読み切りでした」と記されていましたが、この感想も迫力ありすぎです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

初タイトル戦というのは旅館やホテルでの対局、加えて前夜祭や取材などで誰もが慣れない思いをするそうですが、今回はコロナ禍の影響で将棋会館での対局が多く、この点も藤井七段にとってやりやすい面はあるかもしれません。
さらに渡辺棋聖の過密日程、世間の空気、あらゆる面で挑戦者に風が吹いている気がします。

いっぽう僕のお気に入りの、将棋界の名言に「私は下馬評を裏切るだろう」というのがあります。
第2局以降も本当に楽しみです。

今日は女流王位戦第2局、そして明日はいよいよ名人戦開幕。
さすがに月火水木とタイトル戦が行われるのは史上初でしょうか。

2件のコメント

  1. > さらに渡辺棋聖の過密日程〜

    まず、藤井オタクではありませんのでご心配なく。

    準決が前名人の佐藤、2日後の決勝が二冠の永瀬。
    その4日後に三冠の渡辺とのタイトル戦。
    一週間で3戦。それも、後の2人はレイティング最上位の2人です。
    過密日程どころか、超過密日程は藤井のほうだと思いますよ。

    1. 渡辺さんの場合、これから名人戦が始まるので、そう書きました。言われてみるとたしかにそうかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です