桂乱舞

昨日の叡王戦第1局は、夕休明けからしばらく進んだところでよもやの千日手に。
永瀬叡王が優勢という評判もあったようですが、何も知らずに局面だけ見たら大変そうに見えました。
ただその手前あたりは千日手になるとは予想しにくい流れだったので、ちょっと驚きました。

指し直し局は持ち時間1時間(+α)の短期決戦に。


桂の大乱舞、大活躍が印象的な内容で、とても華のある面白い将棋だったと思います。
最後の▲3五桂もきれいな決め手でしたし、終盤入り口あたりの△5四桂に▲4六桂打は特に見事な切り返しでした。
目が眩みそうな局面、連戦や深夜に及ぶ指し直しの疲れもある中で、正確な指し手を紡ぐ技術はさすがの一言です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日はNHK杯を観たあと、午後はずっと詰将棋の順位戦を解いてました。
毎回のように思うこととして、どれもすごい作品ばかりでABC評価だとほとんどAになってしまいそうな気がするんですが、でも当然ながらちゃんと順位がついて昇降級するんですよね。
ちょっと(?)難しいですが6月と12月の詰パラは特にオススメですよ。
(※追記:↑ABCの3段階評価なのは学校とかで、順位戦は1~5点の5段階だったみたいです。思い込みで書いてしまいました。訂正します。)

ではでは、今週も頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です