新しいパーティー様式?

早いもので今日からもう7月ですか。
今年も後半戦ということになります。
前半はコロナ禍でいろいろな活動が減り、日々の時間の使い方にも変化が生じましたが、健康で過ごせたのは何より幸いなことでした。
今後は対局でも良い結果を残せるようにしたいです。

今日・明日は王位戦第1局。舞台は愛知県豊橋市、ホテルのチャペルが対局場になっているそうで、珍しいことです。
昨夜はオンラインで前夜祭が行われました。こんなことが行われるようになるとは、ちょっと想像していませんでしたね。

僕もちょっとだけ見に行ってみたところ、前夜祭というよりは会見に近い雰囲気もありましたが、(お茶で)乾杯もしてました。
もしかしたら将棋界史上いちばん参加人数の多い乾杯だったかもしれません(?)
主催紙・中日新聞のサイトでいまも観られるようになっているみたいです。
藤井七段の乾杯は21分頃から。かわry

将棋のほうは角換わりに進んでいます。
開始1時間の局面としては、最近の角換わりの中ではすこしゆったりした方でしょうか。

また今日は渡辺棋王の就位式がこちらもライブ配信されるとのこと。
これが新たなパーティー様式として定着する可能性はさすがに低い気がしますが、しばらくの間は続くのかもしれません。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

それと昨日は棋聖戦の将棋に注目していました。
西山さん、午前の将棋は快勝。
午後の将棋は苦しそうに見えたのですが、いつの間にか相手の駒を押し返すような形で逆転。
良くなってからは圧倒するような勝ちっぷりでした。強い。

ということで対戦が決まりました。もちろん初手合で、楽しみです。
女性との対戦は岩根さん以来で9年ぶり、奨励会員との対戦は亡くなった天野君以来で13年ぶりだと思います。
今年はアマチュアの方とも十数年ぶりに当たりましたし、何かと続くときは続くものですね。

しばらくはこの対戦に向けて、もちろん他の対局も含めて、日々モチベーションを絶やさず、頑張っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です