偉業と、これから

棋聖戦第4局、またしても期待に違わぬ名局でした。
17歳でのタイトル獲得は信じられない偉業ですが、将棋の内容から考えると意外な結果とは言えません。

昨日の将棋は、終盤の△8六桂が妙手でした。渡辺さんも、気がついてなかったみたいです。
終盤の読みのスピード、視野の広さ、判断力、などが本当に素晴らしいです。

関西将棋会館には35社、71人が集まっていたそうです。
記者会見で語られた「盤上の物語」という言葉は彼らしい、美しい言葉だと思いました。
特別な人の、特別な日の、特別な一局に僕も心から感動しました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

かつて藤井少年について豊島竜王名人の語った「これまでの人間では考えられない棋力に到達する可能性が高い」という言葉を、最近よく思い出します。
思ったよりも早く、その日はやってくるみたいです。

また、今後は将棋以外の分野でも、それと同じことが起きる可能性は極めて高いと思います。
藤井棋聖がそうであるように、世界中で数多くの10代の少年が、子供という枠を飛び越えていままで誰も為し得なかったようなことを達成したり、世界をあっと驚かせるようなことを実現させたり、といった未来が、容易に想像できます。

それを祝福し、包摂し、活かせるような社会がこれから来てくれると良いなと思います。
そうしたいろんな分野の、情報革命・AI革命の中で新たに生まれてきた天才たちのさきがけとして、彼の偉業も語り継がれるようになるのではないかと思います。

将棋界は彼の出現によって新たな時代に入りました。
彼が強いと同時に華がある、というのは将棋界にとって本当に幸運なことだと思います。
これからも楽しませてくれると思いますし、楽しんでいきたいです。

2件のコメント

  1. 優れた人物を素直に受け入れ、ほめる社会になってほしいです。
    いままで日本人は平等意識にとらわれるあまり嫉妬心から、出る杭は打たれる社会でしたが、突出した人間を盛り立てることによってみんながひきあげてもらえるのだと思うし、将棋界にそういう人間が出てきたことはファンにとって非常にうれしいことす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です