10/13 先崎九段戦

角交換振り飛車から、あまり例のなさそうな仕掛けを敢行。
ただワカレ自体は微妙、その後中盤戦の折衝で良くなりそうな局面を迎えたものの、残念ながらあっさり見送って図の局面。
右辺は振り飛車党にあるまじき、残塁の山。押さえ込み失敗の典型パターンと感じていました。

馬と飛車の交換になっては負けなので、うなだれながら△4八銀合。
代えて△4七成桂なら優勢じゃないのとソフトに言われましたが、ちょっと受け入れがたい見解です。次の狙いが△2七歩成▲2九馬に△3八歩では指せません。

そして最終盤。

▲9五香と走って王手に、普通は△9四歩合ですがそれは▲9三歩で詰み。
そもそも直前で先手が一歩でも持ってたら単に▲9三歩で詰みなので本当に際どいです。
感想戦ではタクシーに乗りすぎると一歩足りなくなる理論を初めて生でお聞きしました。

現局面の先手玉は△7九角以下、2四の飛車が成り込んでくる順で難解ながら詰めろ。
▲2五歩と止める手には△6九飛の詰めろが受けにくい。
そこで実戦は▲9七玉の早逃げ。いかにもぴったりで、最初はこれで負けかと思いましたが対して△2七飛成が意外にも詰めろ。
詰み手順は△7九馬▲同金△9九飛▲9八合△8七竜▲同玉△9六角以下。一間竜は偉大です。

ということでまたしてもツイてました。
途中は負け筋もあったようですがそれも難解で、面白い終盤戦でした。

この調子で、かどうかはよく分からないですが、来週も頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です