2/2 西尾七段戦

後手番で四間飛車、仕掛け前の千日手。
からの、先手番で四間飛車、すこしだけ似た展開。
夜9時頃まではいい勝負だったはずですが、その後の夜戦でうまく指すことができず、結果は負けでした。

戦いが起きたあたりで急に均衡が崩れてしまい、58手目の局面で、次に△2六銀からの王手飛車狙いがうまく防げないので敗勢を自覚しました。
その手に気づいていれば、苦しいなりにもうすこし他の粘り方があったような気がします。

昨日の朝の時点では4番手で、10年以上ぶりに昇級争いと言える状況でしたが、結果はそのときと同じで最終日を迎えることができず、無念の一言です。
もっとも今期負けた3局はいずれも完敗、勝った中には奇跡的な詰み筋や逆転劇に恵まれたりもしているので、ここまで6-3は上出来の部類ではあります。
久々の一桁順位を目標に、最終戦も頑張ります。

次の対局は王位リーグです。

2件のコメント

  1. 残念。密かに昇級を期待してました、、
    まだ、王位リーグがありますから、上を向いて精進されてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です