勝ち、仕事納め

先日の竜王戦で、年内の対局がすべて終了しました。
面白い場面があったので、久々に図面貼ります。

夕休明け、△5六歩と玉頭に伸ばしてきた手に対して▲2四飛と走った場面。
自玉も怖いところですが、△5七銀と打たれても▲6九玉とかわしてまだ大丈夫な形で、良いタイミングで飛車を走れれば一手勝ちの感触がありました。

しかしここで△3四金!が勝負手。▲同飛に△3三銀で飛車を無理やり取る狙いで、飛車を渡すと△5七飛がかなり厳しい手になります。
対して▲2三桂不成!があまりお目にかかれない筋で、王手の先手で3五にスペースを作る狙いです。
本譜はその後△2二玉▲3四飛△3三銀▲3五飛△2三金▲3二歩と進み、飛車の脱出に成功、形勢も優勢をキープしてそのまま勝ち切ることができました。

年末は偶然にも相居飛車で中住まいの将棋が3局続きました。
難しい将棋ばかりでしたが、結果が幸いして良かったです。

それにしても今年はよく負けました。数えてみると11-22で、調べたわけではないですがさすがに自己最多敗でしょう。
年度の区切りで見ると、夏頃までは負け数で全棋士中1位だった時期があったりもしました。
初めて入った王位リーグの5戦全敗を差し引いても、だいぶ下振れしたと思います。
ただ年の後半は調子が戻ってきて、良い形の仕事納めになったのは良かったです。

また今日の24指導で、対局以外のほうも仕事納めです。
年末にも設定しようかなと思っていたのですが、ギャモンのほうで大一番を控えていることなどもあり、次は年明けの設定にしました。
また来年も、よろしくお願い致します。

今日・明日は年賀状を書いて、軽く掃除をして、新年を迎える準備をします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。