勝ち、銀河戦解説

一昨日の順位戦は、凡庸な序盤から不用意な手を指して自陣への侵攻を許し、
中盤はなんとか持ちこたえたもののその後また判断ミスが出て、
終盤は時間がなくなってきて読み切れないままの着手になり、
と反省点だらけでしたがなんとか勝てました。
時間いっぱいまで頑張って、粘り強く指せたことは良かったです。

次の対局はまたすこし間が空いて、月末に王将戦の予定です。

また、今夜は銀河戦の解説で登場しています。(村田七段ー石川四段戦)
弟弟子の解説はよくさせていただいていますが、石川君の将棋をリアルタイムで観るのは初めてのことでした。
また村田君とは小学生名人戦以来の戦友の間柄ということで、懐かしい話も交えながら解説しました。
ご覧いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です