勝ち

すこし間が空いてしまいましたが、先週の順位戦最終戦は勝ち。
上のクラスに昇っていく相手に、良い内容の将棋が指せたのは嬉しいことでした。

146手目△8七歩が「一歩千金」の詰めろで、この瞬間に自玉が大丈夫なら、局面としては勝ちになっているような気がしました。
(※王手の連続で▲5七金と竜を取られる筋があり得るので、後手玉は見た目より危ない形ながらセーフ)
馬と角の2枚が攻防に利いていてかなりややこしい局面なんですが、この読みは結果的に正しかったようです。

その後はすべて王手か詰めろの連続で、たとえば156手目△6七金は、次に△9七銀成▲同銀△8六桂▲8八玉△8九金以下の詰めろ。
際どい変化がことごとくこちらに味方した感じで、ツキがありました。
深夜の秒読みで、こういうぴったりした寄せが決まるのは珍しいです。

今期順位戦は7-3で終了、結果的に頭ハネの次々点でした。
3連敗スタートからの追い上げを惜しかったと表現するかは微妙なところですが、過去には頭ハネはおろか昇級にあと1つだったことはなかったはずなので、今期は久々の健闘とは言えそうです。
特に直近2局は好成績の後輩に良い将棋が指せたので、調子が持続できるよう、来期も頑張っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。