勝ち

後手番で角換わり腰掛け銀。
現代将棋らしく4二玉型のまま戦うことになり、攻防のバランスが難しい将棋になりました。

図は最終盤、9九にいた角を取られた場面。後手玉は次に5三で清算されると危険な格好です。


ここで△4四桂!がぴったりの犠打で決め手になりました。▲同歩△4五金と角取りに拠点を築いて、次に△5六銀と王手すれば先手玉を寄せながら後手玉が安全になります。
実戦もそのように進み、ほどなく勝ち切ることができました。

角換わりのスペシャリストに角換わり腰掛け銀で競り勝てたことは大きな自信になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。