6月

今週は久々に対局がなく(前局勝っていれば棋王戦が入る予定だったのですが)すこしのんびり過ごしています。
5月にたくさん指せたのは嬉しいことで、春はいつも対局が少なく成績もイマイチなところ、今年は例年に比べると良いスタートが切れました。
ギャモンのほうも依然として好調が続いています。

今月は棋聖戦、順位戦、竜王戦まで決まりました。
引き続き、頑張っていきたいです。

最近は読み物系の将棋雑誌(あるいは雑誌の将棋特集)もすっかり増えてきましたが、先日プロ棋士名鑑2022をパラパラとめくっていたところ、自分のところに
>余暇には自宅で古い映画を鑑賞している
とあるのを発見。

これは事実なんですが、はて、どこかでしゃべるか、あるいはブログにでも書いたんだったか・・しばし考えるも、思い出せず。
エピソード欄には自分の知らない情報がたくさん書かれていて、すごい取材力です。
ちなみに映画は、休日に妻と2人で家にいるときに、観ることが多いです。

この名鑑、我が家の本棚で確認したところでは、今年度で6冊目(=6年目)になるようです。けっこうな歴史になってきています。
棋風の欄とかも、ちゃんと年によって更新されていることを確認したので、書き残しておきたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。